インタビュー

渋谷宮益坂歯科 田上さん

渋谷宮益坂歯科 田上先生

入社当時の思い出や印象に残っていることはどんなことですか?

入った当初はとにかく必死でした。
早く診療できるようになりたくてお昼休みや診療後にも残って練習をしていました。

その当時、時間を割いて練習に付き合ってくださった先輩方には感謝しかないです。
当時の教育担当の先輩が今でも私の目標とする衛生士像なので、私も後輩にそんな風に思ってもらえるような先輩になりたいなと思っています。

働く中で大事にしていることはどんなことですか?

最近すごく意識しているのは“効率”ですね。
新人さんもいるので、いかに効率よく診療して、教育の時間を作るかを考えています。
自分の診療もやりつつ教育をするって大変だなって改めて思っています。

新人さんが入ってくれて院内がとても賑やかになりました。
雰囲気も昔と変わった気がします。
今はみんなでフォローしあってなんとか1日を終えているって感じです。

ひと昔前はベテランスタッフが多くて、厳しい先輩もいましたが、今思えば色々なことに気付いて言ってくれてたんだなって思います。
そういう存在がいなくなって、新しい世代が入ってきたので、自分の考え方や立ち位置も変わりました。

入社して学んだことはどんなことですか?

渋谷宮益坂歯科 田上 治療

入社して1番最初に学んだことは、“社会人って待ってるだけじゃ何も起こらない、自分で動かないといけないんだ”っていうことです。

配属された当時は
先輩衛生士さんが2人いました。
リコール数に対して先輩衛生士2人で回せていたので、私は検査やSCを担当していたんですが、専門学校時代の同期と話すと、
もうリコール診てるよとか、こんな症例診てるよという話を聞いて、焦りを感じました。

今思うとリコールを診てないからなんだってことはないんですけど、当時の自分はそれがひとつの目標のようなものになっていました。
なので、院長に直接「リコールを診たいです」って言いに行きました。でも1回断られたんです。

それを先輩に相談したら、もう1回言いに行ってみようと背中押してくれて、また同じ日に「それでもやりたいです!」って言いに行きました。
今思えば、よく1日に2回も言いに行ったなと思いますが(笑)。

その後、患者さんにやる前に試験として
院長の口を借りて検査やクリーニングを一通りやりました。
どうですか?と聞いたら「そんなに言うならいいよ、やってみよう!」ってOKをもらったんですけど、その言葉は正直プレッシャーでしたね。
でもその時に感じました、自分からいかないといけないんだなって。

なので新人さんや後輩には、積極的に
自ら動いて、吸収して、できることを増やしていってほしいなと思います。そうすると仕事は楽しくなると思います。

では最後に、今後の目標があれば教えてください。

インプラントとか大型の患者さんを受け持つことが増えたので、そういった方に対しての
メンテナンスやケアを勉強してスキルアップしたいですね。

患者さんから感謝された時や、教育をしていて
後輩が何かできるようになったときは嬉しいですし、仕事は楽しいです。
これからも頑張ります!

Entry

PAGE TOP